先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ることにしました。

中古車の買取で契約をかわした後に減額されていた、

先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ることにしました。
売るときに中古車を取り扱っている業者から、売った車をその後WEBで販売する流れや取引の手続きに関する書類などの丁寧な説明を受けました。大切にしてきた思い出深い車なので、大事に扱ってくれる人に売れるといいなと思い、真剣に説明を聞きました。

中古車屋の査定というのは、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてプラスいくつ、マイナスいくつといった方法で点数をつけていき、価格を総合的に割り出すようにしています。

中でも減点対象としてはずせないのは車体の外観の瑕疵(へこみ、中規模以上のキズ)でしょう。


ただ、あまり気にして自分で直そうと思ってしまうと、業者からするとマイナス査定をつけざるを得ないパターンも少なくありません。



プロ並みの機材と労力があれば構わないですが、業者に売るのであればヘタに手を加えないほうが良いです。ヴィッツには魅力がある特徴が多くあります。
例えば、車体がコンパクトであるため小回りがきき、非常に運転しやすくて初心者にいい車です。

小さい割にはボディがしっかりと強く安全性が高く、スッキリしたデザインで人気があります。
また、場所をとることなく駐車できますから、普段使用するにも適した便利な自動車です。



実際に現物で査定をしてもらわなくても、一括見積サイトに売りたい車の情報を入力する手間だけで、複数の業者に対して一括で概算としての査定額を計算してもらうことが可能です。中古車買取業者に買い取りをしてもらう利点は、下取り価格に期待ができることです。愛車の買取価格の相場はあらかじめ把握して、損の無いように売りましょう。たとえ車そのものは綺麗でも走行距離が10万キロを超えるとなると、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、一般の中古買取店などで査定してもらっても値がつかないで、実質引取りのみなんてことも珍しくありません。

見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

このような場合にも、売却する方法がないわけではありません。

専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている会社に最初から依頼した方が良いです。

もしくは買取りはあきらめて、ディーラーでの買い替え時に下取りに出せば、これからお客になってくれると考えますから、値段がつく可能性が高くなります。


事故車両の修理にかかるお金は、考えているよりも高いです。



廃車してしまおうかとも頭に浮かびましたが、買い取ってくれる企業もある事を思いつきました。
できることならば、売ってしまいたいと思っていたため、とってもハッピーでした。即、事故車買取専門業者を呼び、買取をしてもらいました。



本来のホイールから他メーカーのものに交換している時は、査定士が現物を見に来る前に、できるだけ純正ホイールに戻しておく方がいいでしょう。


中には例外的なホイールと車の組み合わせもあるかもしれませんが、たいていは他メーカーよりは純正の方が万人受けするという意味で高い査定をつけてもらえます。
きれいな状態を保つためにカバーをかけるか、出来れば屋内に保管するのがおすすめです。別注ホイールはそのコンディション次第では意外な値段でオークションなどで売れる場合も多く臨時収入も期待できます。



一括査定サイトなどに登録している業者は大抵、夜間でも実車査定に応じてくれるものです。昼間の査定と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、査定には有利であるという話も聞かれます。しかし、実際にはそれほどの違いはありません。指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるものですし、雨天も査定士にとっても厳しい状況ですから噂のようなこともあるかもしれませんが、業者もそれは承知なので厳しく減点している可能性もあります。



また晴天は不利かというとそうでもなく、状態が良い車を洗車すると晴天ではさらに綺麗に見えるものですし、天候次第で査定がコロコロ変わることはないと思っていいでしょう。車の査定を受けるときには純正部品以外のパーツを付けている車は一般的に価値が低くなってしまうのでメーカーのパーツを元に戻すようにしてください。ただし、正しいパーツに戻すのに工事の代金がかかる場合は、上乗せ額よりも工賃のほうが高くなるとなってしまうことも多いため元の状態に戻さずに今のまま買取申し込みしたほうが良いように感じます。



10万キロを超えた車は査定を受けてもたいていが、買取不可になってしまいます。


ですが、いくつか例外もあります。具体的には、タイヤがまだ新品であるとか、半年以上の車検が残っているなどのメリットがある中古車は買い取ってもらえる事もありますから、初めからあきらめる必要は無いのです。
一軒の買取業者で値段がつかなかったとしても、他の買取業者では買い取ってくれる場合もありますから、複数の業者を訪ねるのが良いと思います。

This entry was posted in 車買取業者. Bookmark the permalink.