家族が増えたので8年間乗ってきた車を買い替えたときのこと

引越しにより駐車場の場所が確保が出来なくて

家族が増えたので8年間乗ってきた車を買い替えたときのことです。

いつもお世話になっているディーラーに下取りに出しましたが初めての買い換えで舞い上がっていたせいもあり、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で即決してしまったのです。帰りにファミレスで明細書を見たとき、下取りが安すぎるので悶々としてしまいました。

車買取のほうも検討してみるべきだったとあとになって後悔しました。個人店ならいざ知らず、業界各社ではチェックシートをベースに買取対象となる車の査定をしています。

その項目が基準点からどれだけ良いか悪いかを見た上で、客観的な価格決めを行うわけです。
採点されるポイントは、ボディの傷、ヘコミ、修復歴とその状態、他に忘れてはならないのは総走行距離数です。
査定のプロが見るのですから、キズの目立ちにくい夜に査定に来てもらったり、なにかしら隠蔽工作を行っても、うまくいくはずがありません。それよりは誠実に価格交渉する方がトクです。知っておいた方が良いこととして、車の買取市場において言えることは、業界大手の会社と中から小規模の会社では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。
大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。
その一方で、基準に則った買取価格しか表示できず、価格の交渉をしようにもあまりその余地がないのが一般的です。

反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、関わった中古自動車査定士が「これはいける」と思えば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。車を友達や知人に買ってもらう場合、知り合いだから大丈夫という考えは捨てるべきです。必要な手続きを終わらせていなければ、無駄になるお金を払わされることになるかもしれません。

後でトラブルが大きくならないように重要な名義変更などの手続きは忘れずにしっかりやっておきましょう。

中古車の買取業者に査定を依頼する際には、車検証、及び、自動車納税証明書を揃えておいてください。それから、車の外側と内側をよく確認してください。ひっかき傷程度は自分で補修し、ワックス掛けや車内清掃も念入りにやってください。改造車の場合、改造した箇所を可能な限り、元通りにして、自分で買ったパーツではなく、純正のパーツに戻した方が有利になるでしょう。煙草を吸わないようにするなど、臭い対策も必要になってきます。大掃除とばかりに徹底的に車内をきれいにしたり、査定前に洗車していようと、掃除状況は業者によるチェック対象ではないので査定額は変わらないです。ユーザー個人が出来る掃除であれば業者だってできてしまうわけですから、当然です。

とはいえ良い影響がないわけではないのです。掃除の行き届いた状態で査定に出せば、業者も悪い気持ちにはなりませんし、大事にしてきたのだと思うでしょう。点数をつけるのは担当者ですから、心がけが見積額に反映されるのは必然的かもしれません。
買取業者の査定を受ける場合、リサイクル料とか自動車税の残月分を含む形で査定価格が出されているのかを忘れずに確認しておくことが重要です。



その他、気を付けることとしては、後から返金請求の可能性がないか、確認しなければ危険です。酷い例になると、買取金額を少しでもケチろうとして、後から減点ポイントを持ち出してきて返金を要求してくるところもあるのです。


車を売却しようと考えたときに、車体のカラーは大きく見積もりに影響を与えます。
白色や黒色などの無難な定番カラーは安定した市場人気を持っているので、プラス査定になることが多いです。



その上、シルバーは定番色であることにプラスして車体の汚れが目に付きにくいという利点があるので人気も高いです。


それとは逆に、これら以外の色では、プラスの評価をつけてもらうのは厳しいです。

査定の際に流行のボディカラーであったとしても、たいてい流行は一過性のもので、その車を買い取ってから売るまでの間にそのボディカラーの流行が廃れていることを考えに入れて査定しなければいけないからです。トラックで人気な色といえば、昔から変わらずホワイトが定番の人気色ですが、それ以外の車種の場合、査定額が上がるという点では、ホワイト、ブラック、グレー系が人気色です。
良く買われている色、つまり「定番色」が買取の現場でも有利という訳です。
パール系やメタリック系の色になりますと、ソリッド系の色よりも人気が高く、査定額が高いとされています。他にも、限定色などの希少価値のある場合は高値になることがあるそうです。車を買い替えたいと思っています。今の車は日本製ではないのですが、一般的には聞きなれない名前の車種なので、どれくらいの金額で買取してもらえるのか悩ましいです。いろいろな買取業者に現物査定の引き合いを出して、査定額が安すぎたら、競売にかけるなども考えた方が高値がつくかもしれません。

This entry was posted in 車査定. Bookmark the permalink.