車を売りに出そうと思ったので、ネットの簡単査定を利用してみました

車の買取で決して高く評価されないのは、改

車を売りに出そうと思ったので、ネットの簡単査定を利用してみました。



車は何といってもアウディで、まだ乗り始めて5年と新しかったので、査定額はそこそこ高額になるだろうと思って楽しみにしていたら、実際には驚くほど安い金額しか付きませんでした。
査定してくれた業者の人に実際に来てもらって事情を聞いてみると、「アウディは軽自動車より低い査定額しかつかない」と言われ、愕然としました。


査定業者へ中古車を売った時には、自賠責保険からの返戻金を受けとれます。どういうときに受け取れるかというと、自賠責保険の有効期限が1ヶ月以上あるなら、還付の対象です。車の一時抹消登録か永久抹消登録をする場合には、加入中の自賠責保険会社より返金してもらえます。車を手放す際は、還付金を忘れずに受け取るようにしてくださいね。子供が大きくなってきて一緒に遠出する機会も増えたため、いままでより大きな車に買い替えたときのことです。他メーカーの車でもOKというので下取りしてもらい、下取りなんて初めてでしたし、見積書を見ても、下取り価格が値引き額同然に思えてきて、これは有難いと簡単にOKしました。



妻は、下取りイコール値引きだとしか考えていませんが、僕はそうではないと思うんです。



カービューの一括査定のほうも検討してみるべきだったと実は今でも、つい考えてしまいます。これまで乗ってきて、愛着も少なくない車を売りに出すことを決めたなら、心情としては、ほんの少しでも高い金額で売りたい、というのが自然です。その車がもしも、人気のあるボディカラーであったなら、査定を受けてみると思わぬ高値がついたりすることがあり、嬉しい誤算となるかもしれません。

人気のある色というのは、その時の流行もあって変化し続けますが、白や黒、それからシルバーといった無難なところだと国民的な好みと言えるのかもしれませんが、いつの時代でも人気があります。
最近販売されている車は標準装備でのカーナビゲーションシステムがほとんどと言えるでしょう。
そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもそれ程プラス評価が付くことはなくなったのです。例外的に、後付けで高価なカーナビゲーションシステムを導入しているときには査定額アップが望めるでしょう。高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、買取店に持ち込む前に取り外ししてしまってオークションなどで個人で売っても良いかも知れませんね。車は初めて車検証が発行されてからの年数でカウントして古さを表す意味で、何年落ちといった言い方をします。その場合、製造年は無関係で、あくまでも初度登録年から数えますから、要注意です。

価格は年数が進むほど安くなり、10年落ちともなれば値段がつかない車も出てきます。
中古車屋にとっては頑張って売っても僅かな利益しか見込めない商品ですが、いざ購入する立場で見てみると、状態の良い10年落ちの車と出会うことができれば、相当安く買えるということです。
中古車買取店に車を売るためによくある一括査定サイトなどに登録すると、現物を見せてくださいという内容の電話が殺到し、対応に困ることも少なくありません。

そういう事態はなるべく避けたいというのであれば、連絡手段として「メールのみ」が選べるサイトをあらかじめ利用するようにすると良いでしょう。すべての中古車屋がそうだというわけではありませんが、勤務中でも夜でも一切顧みず電話攻勢をしかけてくる場合もないわけではありません。


登録したメールアドレスあての連絡以外を受け付けないようにすると、家族や仕事先に迷惑をかける心配もありません。カローラというとTOYOTAの代名詞といっても良い程、長い間、高い評価と人気を集め続けている車種です。


カローラの特徴とは良い燃費で経済的で、室内空間が広く、快適な乗り心地や、長時間乗っていても疲れない安定走行、荷室が広くので使いやすいことなど、町ノリだけではなく、レジャーにも使える車です。



車を売る時に必需品の一つが、車検証と言えるでしょう。
けれども、査定だけなら、車検証不要で受けられます。それは、査定は法による約定ではないからです。契約を結ぶ時点では、必ず車検証が要ります。



車検証がなければ、登録の取り消しや、名義変更が行えないのです。もうすでに自動車を売ってしまっているのに、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除などを言い渡されることがあるかも知れません。

自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、中古自動車査定士が傷などを見落としていたことによるものならば自分が非難される筋合いはないでしょう。買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっていると相談することが最善でしょう。


This entry was posted in 車買取査定. Bookmark the permalink.