少し前に、自動車事故を起こしてしまい

増えたとはいえ外車は国産車に比べると流通量が少 少し前に、自動車事故を起こしてしまいました。


車を修理するかどうかとても悩みましたが、最終的に、修理に出すことにしました。


いくらかかるのか見積もりを出してもらって、買い替えるべきか修理するか考えた結果です。

今は、代車生活を送っています。修理が終わって車が戻ってくるのが待ち遠しいです。

車を廃車にする時に還付される自動車税ですが、実は車買取に出した場合にも還付されることをご存知の方は少ないと思います。


車を手放す時に、自動車税は残った期間分を返金してもらうことができます。逆に中古車の購入時には、次年度までの期間によって購入者が払う必要が出てきます。かなり使用感のある車であっても、中古車業者に買取を依頼すれば、思った以上に高値が付くこともありえます。生産台数が少なくあまり流通していない車なら、カーマニアが高い価値を見出す場合もあります。マイナー車種が意外にも人気車種へ変身する可能性があるのですね。少しでも高い額で買い取ってもらうためにも必ず複数の業者から見積りを取って比べるようにしましょう。

買取額のおおむねの相場を自分でもネットで調べておくのもお勧めです。
自動車の売買契約後に買取金額が減額となってしまったり、クーリングオフが認められなかったというトラブルも多発しています。契約書を細部まで読んでおかないと後から困るのは当人なので、面倒だと思わず読むようにしてください。特に、キャンセル料の有無は大切なことなので、ちゃんと確かめるようにしましょう。自動車の査定をしてもらおうと思う場合、店舗へと出向いたり、自宅へ来てもらうのが一般的となっています。
さらに、メールで査定を行っている場合もあります。
しかしその場合には、業者をのやり取りを直接行わなければいけないため、ものすごく面倒です。中には、何回も営業を行う業者もいるので、いい加減にうんざりだと思うこともあるでしょう。買い取り業者に車の査定をしてもらう時車検切れが近い場合には、通しておいた方がいいのか、判断しかねて迷う人も多くいるようです。



しかし、これに関しては答えははっきりしています。というのも、査定額があがるのではないか、と考えて車検の期限が近い車の車検を律儀に通したところで、車検に使うことになった金額より車検を通したことによってついたプラス分が、大きくなるということはなく、つまり車検費用の方が相当高くつくわけです。



売りたい車の車検が切れかかっている場合は、新たに車検を通さないまま売ってしまうのが正解のようです。
長年乗ってきた車をそろそろ買い替えよう、といった際には、実際、下取りはディーラーに任せるよりも、買取業者を利用した方が、かなりお得だということが、よく知られるようになってきたようで、最近中古車の買取市場は活況です。
お店に出向く手間をかけることなく、自宅のパソコン、あるいはスマホなどを使うことで査定額がどれくらいになるかを知ることができます。それが中古車を査定する専門サイト、すなわち車査定サイトです。

使い方ですが、メーカー、車種、年式、またサイトによってはある程度の個人情報などを入力するだけで、数分後相場に合った適正な回答があります。車の査定を受けるときにはメーカー以外の部品を付けている車は一般的に悪い評価になってしまうのでメーカーのパーツを元に戻すようにしてください。ただし、正しい部品に戻すのに工事の費用がかかるときは、付け加える金額よりも工賃の方が高くつく見込みがあるため触らずに今のまま査定依頼をしたほうがいいですね。
This entry was posted in 車買換え. Bookmark the permalink.